VOCE・SONARE

埼玉県北部で活動する女声合唱団VOCESONARE(ヴォーチェ・ソナーレ)のブログ
[HOME]女声合唱団VOCE・SONARE
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 自主練習 | main | 自主練習とクリスマスコンサートのお知らせ >>

鳥取大学混声合唱団フィルコール第49回定期演奏会


 

鳥取大学混声合唱団フィルコール第49回定期演奏会
2008.12.6(土曜日)
13:30開場、14:00開演
とりぎん文化会館(旧・県文化会館)

12/6 
温かな小春日和のような一日になりそう。
ふかふかのM姐のコートとリュックで、羽田をうろうろする私。

クリスマスですね!

私は、ビューんと鳥取へ!


と行くはずだったのですが、
11:15のフライトのはずが、雪のため40分ほど待たされて、
なんとかやっと飛びました。

途中機長の「雪雲が厚く着陸できない場合は伊丹に緊急着陸します」

えーうっそー!羽田ってばこんなにいい天気だったのに!;^^

しかし鳥取の上空に差し掛かると、確かに灰色の、雲・雲・雲・・・・

周りは白い雲灰色の雲ばかり、
ぐるぐると何回も上空を旋回しているのを感じました。
一瞬の雲と雲の切れ間から飛行機がビューん。
結構揺れて、ちょっと怖かったですが、やっとこさ到着!!

開演ぎりぎりにやっと会場in。

「中山さん!!」「おー!ばんちゃんやんけ!」
OBの懐かしい顔を見つけて、なんだか20年前に戻った感じ。


近況を交換する間もなく、会場が暗転、
学歌でステージが始まりました。

学歌は…私たちが歌っていたころと、編曲が変わり、なんだか別の団の演奏会に来たみたいで、一瞬ちょっとさみしくなりましたが、
これが、20年という月日の長さなんだろうな。
新学歌は、佐々木道也先生のバージョン。

第2ステージは、恩師佐々木先生のステージ。
愛唱歌に乗っている私たちの親しみ深い曲も歌われ、
ステージに立っているのは、あのころの私たちみたい…。

ぽわーんとした気持で聞いていると、
今度は団員がステージから客席に降りて来て、
全員で「サリマライズ」の大合唱。
団員のみんなと、OBとの声に包まれて、佐々木先生の指揮でサリマライズ。

現役でやってるときには、なんてことない演出と思ったかもしれない。
OBになってみて、フィルコールを離れてみて、実感。
それでも、歌は過去・現在、そして未来へつながってるんだなー・・・。

もうそこまで涙が出そうな時、
佐々木先生のナレーション。
「いまOBOGとして卒部された方々も、現役のときはそれなりに皆さんいろいろなドラマがあって…(とか何とか)」
そのあと、佐々木道也先生作詞作曲の「この歌をともに歌って」の大合唱。

私、この歌は初見で歌えなかったんだけど、
このステージだけで、アーやっぱ来てよかったなーーー!と、涙ボロボロ。

ところで、私の今回のお目当ては、第4ステージの小林秀雄作曲混声合唱組曲「伊勢志摩」
これは、私が高校の時に歌った思い出深い曲。
そして、とてもハモリが難しい曲!!

当時私はソプラノパートリーダー。
技術系ミーティングで一年の年間曲を決める時、この曲を候補曲として持っていきました。
(却下されたんだけど)

その後、また今年度にこの曲が取り上げられるも、
絶版になりなかなか楽譜が手に入らなかったんだそう。
みんながんばったんだね。音取り大丈夫だったかな?

どんなふうに演奏されるのか、ドキドキ。

現在フィルコール団員は、約100名。
やっぱり、迫力があります!

「伊勢よ志摩よ」は、荘厳な神の国伊勢志摩のイメージ。
神秘的な感じがとてもよく伝わってきました。

「お伊勢まいり」は、よくあのリズムとぶつかりを克服した!
私の大好きな曲なんですが、
あのリズム感、すごく伝わってきました。

すごい!すごいよ! ソプラノさん!!!!!

曲が終わって、ブラボー!の「ぶ」がのどまで出かかってたんだけど、
隣に座っていた先輩に先こされてしまって、
ちょっと乗り遅れてしまったけど、
若さ、パワーの素晴らしい演奏会でした。

と、その時ナレーションが入り、

小林秀雄先生がこの会場にお見えになっているということで、
会場びっくら仰天!

なんとあの、しんどい飛行機に一緒に乗ってこられたとのことで、
でも、そんなお疲れな感じは全然なく、
温かい笑顔と拍手で私たちの団員をおほめくださり、
小林先生のピアノ伴奏で、「真っ赤な秋」を全員で大合唱。

ぽかぽかな暖かい気持ちでいっぱい。
打ち上げではたくさんの現役・OB、先生方とお話しさせてもらって、

この私の20年について、「私頑張ってるよ!」って自分を受け止めることができたような旅でした。

1次会が終わって、2次会へ行く時、
西岡先生に、
「今埼玉の女声合唱団(VOCE)で歌っています」と話しかけてみたら、
やっぱり、西岡先生ご夫妻とわが団の郡司さんとは学生時代からのお付き合いだとのことで、
「マツモト時計店の時計、まだうちで動いてるで!」って、懐かしくうれしそうにお話ししてくださいました。

あー、歌で繋がってるんだな!

//
12/7
朝方まで飲んで、駅前のワシントンホテルで一泊。
バビル二世なんか歌ってごめんね。
カラオケでは、やっぱみんな歌うたい!
みんなうまいし、ハモリもおっけー!

元湯まで歩いていく元気はなかったので、シャミネで朝食。
たんまり土産を買いこんで、
さて、古巣の湖山をパトロールしますか。

鳥取っつーところは、まだ電車が無く汽車。電化されてないので、汽車です。
私たちのころは手動で、手でドアを開けて乗り降りしました。
(寒いので、開けたらまた手で閉めます)
今回のってみたら、ボタンを押して戸の開閉。
おー!なんて感動、
当然、ボタンで開けたら、またボタンで閉めます。(寒いので)

ここは卒業後できた駅。鳥取駅から3つ目。
ちょうど大学の目の前に位置します。
ここから空港も徒歩で行けます。
全国で一番便利な国立大学だと思います。


まだ飛行機まで時間があるので、お散歩。
ローカルな単線が倉吉、米子へ伸びていきます。








ここは、ソプラノコンパがよくおこなわれていた所。
当時のソプラノは・・・強かった。




今は、シュッとしたかっこいい学生の町っぽ。
当時はどてらやジャージのむさくるしい学生ばっかだったのに…。

ちなみに、トンボは閉店していたようです。
トルコライスに肉テン、また食べたかったな…。



ここはかつての下宿街。


もうほとんど新しく建て直しされているようです。
学生が住むのもワンルームマンションに替わり、
この通りは、ひっそりとした旧街道のような通りになっていたけど、

今でも先輩方の声が聞こえてきそう。

毎晩毎晩、練習が終わったら湖山ストアでシーチキン巻きを買って、技系ミーティング。
あーでもないこーでもない、
「のんちゃん、あんな指揮じゃ出られへんで」
学指揮には腹立つし、男声しっかりしろよ!



なーーーぁんて。




そんな4年間だったけど、
やっぱ、たのしかったかなー。
楽しかったんだよね。

打ち上げでOBの方も言っておられた、
社会人の団にはない、
学生でいられる、ある限定期間だけ味わえる甘酸っぱい「時間」は、フィルコールの団員だけが味わえる特権。


今日は飛行機ちゃんと飛びそう。
風は冷たいけど、いいお天気。
私が住んでいたアパートも、また別の学生が住んでる。

さーて、かえろっと。

//

また例の如く、いけるかどうか前日までいろいろ落ち着かなかったんだけど、
やっぱ行ってよかったな。
OBとして何もしてなかったのに、温かく迎えてくれたフィルコールのみなさん、先生方に会えて本当に良かった。
来年は50回なので、またみんなに会いに行きたいな!!

練習&活動日記 | comments(3) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

ばん、元気そうだね。
ここへのフックがあったんでよってみたよ。
定演、盛り上がってよかったみたいだね。
私は仕事の都合で行くことができなかったよ。

湖山の風景、なつかしいね。もう20年か。
年を感じるよ、て口だけでまったく思ってませんよ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ
いろいろ変わっていたそうだけど、
お互い、こころの中ではいまでも昔の風景のまんまだね。

いろいろ書くといくらあっても足りないから
来年会うことができれば、その時にでも・・・かな
私は町田にいるから一緒に羽田から行っこうか? 笑
旧友その1 | 2008/12/11 1:13 PM
こんにちは☆

鳥取大学混声合唱団フィルコール平成20年度入学のソプラノの岡本です。

定期演奏会についてかいてあるブログがあってびっくりしてみてみたら先輩のページでさらにびっくりして書き込みさせていただきました。

もしかしたらおぼえてらっしゃらないかもしれないのですが打ち上げの席で二回ほどお話させていただきました。その時は私が緊張してしまっていたのもあってあまりお話できなかったのですがまたお会いする機会があったらぜひたくさんお話きかせていただきたいです。

私もトンボのトルコライス食べたことあります。おいしいですよね。閉店していたのは最近いってなかったのもあって知りませんでした。私も残念です。


今もソプラノコンパは同じ場所で行われてます。


先輩の記事をみてやっぱフィルコールっていいなと思いました。

遠くからお疲れ様でした。次の定期演奏会もぜひきてください。
| 2008/12/11 2:40 PM
岡本さん
定演お疲れ様でした。
本当に本当にホントーーーにすごかったよ!!演奏会。
すごくブラボーでした!!

トンボは日曜日だからしまってたのかな。
また情報教えてね。

ソプラノコンパは。昔は壮絶だったんよ。
私なんか古傷が、アイタタタタ・・・やで。

とにかく、本当によかったよ。定演。
来年も頑張ってね。
また絶対行きたいと思ってます。



つか!!!



旧友その1って、あーーーた!!!

まだ生きとったんかい!(お互い様やな、ふふふ)
やっぱね、えーと思うよ。
だって、だってやもーーーん。
sachi-kon | 2008/12/11 7:45 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vocesonare.jugem.jp/trackback/273
この記事に対するトラックバック
音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ