VOCE・SONARE

埼玉県北部で活動する女声合唱団VOCESONARE(ヴォーチェ・ソナーレ)のブログ
[HOME]女声合唱団VOCE・SONARE
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< セブンイレブン出店35周年企画!セブン-イレブンフェア開催中!今セブンイレブンがガンダム一色!! | main | himmelische Frrrrrrrreud!〜小田原フィルハーモニー交響楽団第100回定演後記 >>

小田原フィルハーモニー交響楽団. 第100回記念定期演奏会


(写真提供:George's Caffe

 小田原フィルハーモニー交響楽団. 第100回記念定期演奏会
2009年11月8日(日)13時30分開場14時開演
マーラー交響曲第3番ニ短調
指揮・三河正典
アルト・管有実子
児童合唱・南足柄ジュニアコーラス
女声合唱・小田原フィルハーモニー交響楽団第100回定期演奏会記念合唱団(東京音楽大学、VOCE・SONARE)

そんなわけで、11月7〜8日、小田原へ行ってまいりました。

一日目、朝、新宿湘南ライナーが、工事のため不通、
一行は、一度高崎線で上野へ出て、上野から小田原へ向かいました。
もちろん、道中は、おしゃべり(=発声練習)あり、グルメ(栄養補給)あり!

キムカツ
私はてっきり、キムチカツサンドかと!!
厚切りパンに、これまた分厚い重ねとんかつがサンドされて、あごが外れそうなカツサンド!
とても柔らかくておいしかったです。

さて、あっという間に小田原到着!

駅は観光客でごった返しています。

おいしいものをきょろきょろしていると、時間はすぐにたってしまい、市民会館へ。

すぐに練習が始まりました。
オケがホールで第3楽章まで練習を進めています。

私たち、児童合唱と女声合唱は、別のホールで発声練習を始めました。
やさしい加納先生のレッスンに、子どもたちや私たちの声はどんどん出る出る♪


実行委員の誘導で、袖待機〜出入り、立ち位置の確認、軽く通して、練習が終わり、
合唱団の一日目が終了しました。

夜の小田原城 〜VOCEも不夜城♪


さて次の日、またたくさんおしゃべり&モーニングでたっぷり発声練習を行い、会館へ。
午前中、ゲネ。

本番について--------------
やはり、目玉はティンパニ、ダブルの2セット!!
管・弦もとても充実した大編成!

ハープが二台セッティングされて、管先生がその隣にお立ちになります。
私たち女声は、管先生の後ろに控え。

児童合唱団は、天使の役、2階のエプロンボックス席に配置。
天井から天使の声が降り注ぎます。
------------

時刻は本番前、スタッフの手際良い案内で、私たちも準備を進めます。

そして会館は超満員、開演が遅れるほどのお客様でいっぱいになりました。

開演、
私たち合唱団は、第1楽章~第3楽章は待機します。
第4楽章の前に、管先生と共にステージに入場。

うおぉぉぉーーーー!!!!満員!!
客席に圧倒されつつ、三河先生に目をやると、
三河先生、すごい汗!!!思わずごくりと唾を飲み込んでしまいました。

第4楽章の管先生のソロ
三河先生のタクトにのり、ホールいっぱいに音楽が広がって行きます。

会場のお客様も一体となり、
舞台に乗りきらんばかりの大編成のオーケストラと管先生、そして三河先生の音楽がホールいっぱいに鳴り響いています。

三河先生のステージでいつも感じる、
この同じ場所で、同じ時間で、その時間を共有している全員で、一つの音楽を作りあげているような、
そんな瞬間です。

    雲の切れ間から、一筋の光が降りてくるのが見えました。

もう夢中で第5楽章突入!
himmelische Freud!
スペシャルトリプルrrrrrrrrr巻き!!!

第6楽章に入ってもまだ胸がドキドキしていました。

鳴りやまない拍手のうちに終演後記念撮影。

そのあと、ロビーでとてもお会いしたかった方に逢うことができました。
三河先生つながりの歌仲間。

サイトウキネンに乗られた方で、同じ三河先生の指導で戦争レクイエムを勉強されている方です。

パートが同じソプラノということで、私自身あったこともない方だったのになんだかすごく親近感がわき、
今日の会える日をとても楽しみにしていました。

そこにいたVOCEのみんなに紹介して、ワイワイガヤガヤのあと、三河先生にも紹介するのも果たし、

御挨拶もあまりできずさよならをしてしまったのですが、

またいつかのどこか、同じステージに乗れそうな、そんな感じが、とても強く心に残りました。


今回の演奏会は、大変お世話になりました。ありがとうございました。
小田原フィルハーモニー交響楽団の方々、スタッフの方々にとても感謝しています。
VOCE一同


//ここ最近、すっかりグルメ&私的日記なVOCEのブログ、
つたない文章で本番の感動が伝わるかどうか心配ですが…
今回は本当にありがとうございました。


追記
ブログ記事検索で見つけた演奏会記事
青空に想いを寄せて…egami_aoisora様 コンバストラで参加されたとのことです!
http://blog.livedoor.jp/egami_aoisora/archives/51525286.html

ジーズキャフェ 青空映写室 当日ご来場いただいたお客様です
http://blog.livedoor.jp/gscaffe/archives/856153.html

じゃくの音楽日記帳・・・じゃく3様 当日ご来場いただいたお客様です
http://plaza.rakuten.co.jp/jyak3/diary/200911090000/
練習&活動日記 | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

一体感♪
 いいねぇ 最近味わっていないなぁ…

 しかし、その一体感を生む発声練習?栄養補給?(アルコール消毒もあったのかなぁ?)
 「多すぎです(笑」
エンドウ豆 | 2009/11/10 8:36 AM
はじめまして、マーラー3番ファンです。この演奏会、聴かせていただきました。指揮者、オーケストラ、独唱、合唱、みなが一体となったすばらしいマーラーの音楽に、とても感動しました。アマオケとして理想的な演奏だったと思います。ありがとうございました。高いところからの児童合唱の響き、すばらしかったです。
ところでいくつか教えていただければありがたいと思い、お尋ねする次第です。この曲での女声合唱や児童合唱の立つタイミング、座るタイミングに興味を持っています。今回第5楽章の最後、楽章が終わる少し前の2小節の休みのところで女声合唱が座ったのを見ました。これ僕のもっとも好きな方法です。僕の席からは児童合唱が見えなかったのですが、児童合唱も同じタイミングで座ったのでしょうか。
それから立つタイミングについても教えてくださいますか。今回、第五楽章のビンバンの始まりがあまりにも鮮やかで感動したあまり、気がついたら女声合唱が立って歌っていて、立つタイミングを見逃してしまいました。女声合唱は、第五楽章が始まってから数小節の休みがある、その間に立ったのでしょうか?それとも第五楽章の始まる直前で立ったのでしょうか。あと児童合唱は、いつ立ったのでしょうか。第4楽章の始まるときにすでに立っていたのか、それとも第五楽章の始まる直前か、そのあたりのことを教えてくださるとうれしいです。非常に細かなことで恐縮ですが、すばらしい演奏でしたので、とても知りたく思います。なにとぞよろしくお願いします。
じゃく3 | 2009/11/11 12:13 AM
豆さん
今回は栄養補給&発声練習♪もすごく楽しかったんだけど、演奏会がすごくよかったの。
思い出すだけで3杯ご飯いけそうよ!

じゃく3さん
はじめまして!!!
当日は大変ありがとうございました。
マーラー三番は、私は初めて歌ったのですが、児童合唱団のビム!バム!が二階席から降り注ぐのがすごくよかったと思っています。

立つタイミング、座るタイミングですが、練習の時から三河先生の指示があり、ゲネもその練習を繰り返しました。

第5楽章、児童合唱の「ビム!バム!」が鳴り響きます。
児童合唱団は、2階席にいた指揮者の合図で第4楽章終わり第5楽章の少し前に立っていました。(→第5楽章に入る前、2階席にライトが当たりました)
5楽章4小節目に女声合唱が起立、歌に入ります。

仰る通り歌が終わり女声合唱団が休符の所で座ります。(女声合唱のビムバムは座ったまま演奏しました)
児童合唱団が座ったタイミングを覚えていないので、わかったらまた書きます。
さち | 2009/11/11 7:00 AM
第4楽章の途中で児童合唱団が立ちます。
第5楽章に入る時に児童合唱団にスポットが当たりました。
曲が始まり、4小節目で女声合唱が立ちます。

歌が終わり(最後のビムバムのまえ)で女声合唱が座ります。(ビムバムが響きます)
児童合唱団の座るタイミングですが、恐らく…第5楽章が終わり、第6楽章に入ったところで静かに座ったかも…。
自分たちのことで精一杯でした;^^
さち | 2009/11/11 7:52 AM
さちさん早速のご説明、ありがとうございました!なるほど、女声合唱の立つタイミング、すごく納得です、最高のタイミングだと思います。そして児童合唱は、あらかじめ少し前に立ち、そしてスポットがあたるとともにビムバムですね、視覚的にもさぞや鮮やかだったことと思います。本当に、すばらしい演奏会でした。三河氏と、オケと、歌のかたがたに、心から賛辞を送ります。
じゃく3 | 2009/11/12 12:34 AM
大変ありがとうございます。
またいつか、どこかの演奏会で!
さち | 2009/11/12 7:02 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vocesonare.jugem.jp/trackback/441
この記事に対するトラックバック
音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ