VOCE・SONARE

埼玉県北部で活動する女声合唱団VOCESONARE(ヴォーチェ・ソナーレ)のブログ
[HOME]女声合唱団VOCE・SONARE
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 三河先生の練習 | main | 自主練 >>

Vi・Voce(アンサンブル ヴィ・ヴォーチェ)のコンサート拝聴〜!

 

Vi・Voce(アンサンブル ヴィ・ヴォーチェ)コンサート
     「道」

日時 2010年5月16日(日) 14時開場 14時半開演
場所 長野市若里市民文化ホール (長野駅東口からタクシー10分)

〒380-0928長野市若里3丁目22番2号
   TEL 026-223-2223

全席自由 1,500円

指揮 竹内和江
ピアノ 小林夏美
ヴォイストレーナー 大島富士子


今回のテーマは「道」


*プログラム*
間宮芳生 五つのわらべ歌より
 ずいずいずっころばし(東京地方のわらべ歌)
 天満の市は(大阪地方のわらべ歌)
 烏かねもん勘三郎(広島地方のわらべ歌)

スメタナ 女声のための3つの合唱曲
 わたしの星
 帰って来たつばめ
 日暮れ

交響詩[わが祖国]より
 モルダウ

フィンランディア

教会カンタータ「心と口と行いと生きざまを持って」より
 主よ 人の望みの喜びよ   バッハ

レクイエムより
ラクリモーサ   モーツァルト

冬の旅より
菩提樹   シューベルト

自然における神の栄光  ベートーヴェン

花   滝廉太郎

〜みなさまもごいっしょに〜
おぼろ月夜 マイウェイ

「3つの無言歌]より それぞれの朝

「アンダルシアのロマンス」スペイン舞曲集より
あなたに

「惑星」より ジュピター

 ViVoceとの出会いは、私たちの指導者である三河先生の繋げてくれたご縁。

昨年のサイトウキネン「戦争レクイエム」が私たちを繋げてくれました。

戦争レクイエムに参加されたViVoceのHさんからのコンタクト。

同じく、団の名前にVoceがつく同士、同じアンサンブルの女声合唱団。
そして同じ「華麗なるソプラノ」。

なんだかすごく親近感もわいて、
何回かメールをやり取りして、

去年の小田原フィルハーモニー交響楽団の第100回記念定期演奏会にはわざわざ足を運んでくださいました。

私にとっては、同じく、音楽を追い続ける「同志」のような存在。
この今日の演奏会の日を、とても楽しみにしてきた一人です。


てなわけで、
一番上のお姉ちゃんMと真ん中のお姉ちゃんIと、末っ子の私の
珍道中はじまりはじまり!




高崎から新幹線に乗り込んで、

↓↓↓新幹線が動くか動かないかのうちに↓↓↓


たくさんのいい音楽に出会えますように!

新緑の信州の山々・・・を眺めたかどうかはあまり記憶に残っていませんが、
3人、またギャースカ発声練習しながら、あっという間に長野駅。

新緑の山々がまぶしい!


あれだけ新幹線で、飲んだり食ったりしたのに、
やはり時計が12時を回ると、
「なんだかおなかがすいたわね」
「おそば食べなきゃね」

ということで、駅前の東急デパート7階の「やぶ」さんへ。
店内込み合っていたのですが、
名物店長さんがいろいろお話してくださって、これまたいい思い出。
ほどなくしておいしそうな辛みそば!いただきます!


それにしても長野、熱い!
日差しが強く、日陰を通りながらタクシーへ乗り込み、若里市民文化ホールへ。

まだ開場前というのに、お客様の列。
まさかと思って走っていくと、整理券を配り始めるほどの長蛇の列!!

さささっと列に素早く並んで、ホールに入りました。
上手側の前のほうにいい席が取れ、開演を待ちました。




ベルが鳴り、開演です。

指揮者の竹内先生からのあいさつのお言葉で演奏会は幕開け。
「今回のテーマは、道」

先生、そして団員お一人お一人の音楽に対する想いが伝わってくるような言葉で、
もうなんだか私はそこから感極まってしまいました。

とても柔らかい音楽。
先生の指揮と団員のみなさんの音楽はとても柔らかい、新緑の若葉のようなメッセージ。

アカペラ、難しい和音なのに、とても柔らかく感じました。

やさしい音が音楽の花びらになって、ステージからホールのお客様一人一人に手渡されていくような、
とても優しい音楽。

モルダウ、フォンランディアは、ピアノも入って、音に深みが増します。

みんなで一緒に歌うコーナーでは、指揮者の先生が会場を回りながら、ホール一帯となり、
おぼろ月夜、マイウェイを合唱。

Hさんと、ViVoceの皆さんと一緒に歌ったとても素敵なプログラムでした。

それからのプログラムは照明の演出も素晴らしく、
「アンダルシアのロマンス」スペイン舞曲の「あなたに」はとても難しそうな曲!
緊張のあと、ホルストのジュピターの演奏がはじまり、

「ぐすん、ぐすん。。。。。。

真ん中のお姉ちゃんが涙ぐんでて、
「やだー、、、、」っていっちゃった私も涙がボロボロ出ちゃって。。。。。


ViVoceのみなさんの優しい音楽に包まれたとてもいい時間でした。



合唱って・・・そうだよ、楽しいもん!合唱最高!

なんて帰りの新幹線ではまたアフターコーラス。


なんてもちもちのおやき!!
いろんな具をあれこれお味を楽しんで、またまた乾杯!

今日のこの演奏会を、VOCEの仲間と一緒に聴きに行けて本当に良かった。
とてもいい演奏会でした。
私的活動日記 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

行きの新幹線で

もうAsahi Super Dryを開けるところが

さちさんらしい〜〜

いい音楽を耳にする事は

音楽をしていらっしゃるかたには

なおさら至福の時間ですね

30年くらい前

ロストロポーヴィッチを聞きに行った時

感動しましたょ
紫の上 | 2010/05/17 3:34 PM
行く道中も楽しんだけど、
やっぱり、演奏会聴きに行ってよかったです。
同じ歌仲間の演奏会、自分に学ぶところがいっぱいありました。
さち | 2010/05/18 7:04 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vocesonare.jugem.jp/trackback/485
この記事に対するトラックバック
音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ